外国人のタイ就職ガイド(2)

Posted on 2018年7月21日 by

前回に引き続きタイ就職ガイドを紹介します。外国人にとって仕事の探し方などを紹介します。

教師
西洋人にとっては、タイ最大の就職市場です。英語教師は、小学校、高校、また職業訓練や大学で需要があります。プライベートやインターナショナルスクールも、ネイティブの英語教師が必要です。

タイの教師の初任給は大体25-50,000バーツです。インターナショナルスクールは、教育学位のある教師にはより高給を支払います。教師は、個人家庭教師を行えばさらに稼ぐ事ができます。

多くの外国人は、公式認定コースがあるので、特にバンコクやプーケットで、英語教授法の学位を取得しています。韓国語や中国語のネイティブスピーカーは、タイの学校で仕事を探すこともできます。

大使館や領事館
外国人職員は、外国の大使館や領事館によく設置されます。自分の国籍の大使館や領事館で募集しているポジションがあるのか探す事から始めるのが最善です。

科学技術
タイでは、科学技術分野での仕事の機会が数多くあります。シニアウェブ/ソフトウェアデベロッパーは、月額100,000バーツの給与の仕事を探す事ができます。

国際企業
自分の国の多国籍大企業で勤務しており、その企業に対拠点がある場合には、移動を申請できるかもしれません。これは自分の国での給与とほぼ同じ額で移動ができるので、理想的な状況です。タイの生活費は低いので、よい暮らしを楽しむ事ができます。

これが叶わない場合、外国人でもタイ企業の仕事を探す事ができます。タイの大企業は、ファイナンスとアカウンティングのマネージャーを探しています.大企業は時々、特に経験豊かなエンジニアへのポジションをあけています。

観光業
タイは魅力的な観光業界をもっています。タイ語を母国語とする人向けにツアーガイド等、いくつかの仕事があります。しかし、経験方法なスタッフが必要とされているので、外国人も高級ホテルで仕事を見つける機会があります。ホテルマネジャー、シェフ、ダイビングインストラクターなどの仕事です。後には、PADI(スクーバダイビング教育機関)の認定証が必要になります。

カスタマーサービス
ドイツ語、ノルウェー語、イタリア語、フランス語等のヨーロッパ言語が堪能なら、カスタマーサービスセクターの仕事を見つけることができます。そのような仕事は夜勤があるようなコールセンターの仕事があります。

仕事を探す

インターネットはタイで仕事を探す際にもっともよい方法です。以下に、検索に役立つウェブサイトをいくつか紹介します。

キャリアリンクタイランド:日本人求人情報に特化したサイトです。特にバンコクやバンコク郊外、チョンブリー県に強く、工業団地の求人情報が充実しています。

Craigslist Thailand:本業を探す人向けではありませんが、求職に役立ちます。ファイナンス、科学技術サポート、マーケティングなどの基本カテゴリーがあります。フリーランスの仕事を探すのに適しています。掲載は無料でできるので、他の求職サイトよりも早く進みます。

Jobs DB Thailand:ポジション、場所、仕事内容、給与等、検索方法をカスタマイズできる、タイでとても頼りになるウェブサイトです。アラート設定し、掲載された仕事内容が希望に沿った際のアラート設定も出来ます。

Linkedin:リクルーターが応募者に迅速に返事を出すことができ、会社のキャリアページから簡単に応募することができる便利なサイトです。過去の仕事の検索結果からジョブアラートを設定することもできます。Linkedinはミドルからハイレベルのマネージメントの仕事を探すのに特に適しています。よく掲載される仕事内容は、ホスピタリティ、マーケティングやファイナンスです。

採用企業が候補者を積極的に探している際、ある特定のキーワードがいくつかあります。わかりやすいのは、あなたが得意とする分野の特定技術です。しかし、ギャップ・イヤーやリフレッシュ休暇の際の旅行経験などの珍しいことでも、新しい国へ移住する意志があることを伝えることができます。採用者は、ボランティアやクラブ等の履歴書に書いてある機関名も見ています。LinkedInにはプレミアムアカウントがあり、ネットワーク外の人間にもコンタクトすることができ、これはリクルーターに直接連絡を取る事ができるということです。

Work venture:タイでは比較的新しい仕事の掲示板です。当初は、ローカル市場に注目した、インターンシップや学生向けの仕事を掲載していましたが、次第にタイでのプレミアジョブサイトとなっていきました。

Besides generic job websites, there are also many that are industry-specific.
一般のジョブサイトの他に、業界に特化したものも多くあります。

ReliefWeb:タイを含む世界中のNGOの仕事に興味がある人向けの掲示板で、様々なレベルの仕事、インターンシップからシニアレベルまでの仕事を掲載しています。

Ajarn.com:教職を求める外国人には素晴らしいサイトです。教職者が自分たちでサイトを運営し、求職、ニュース、フォーラム、その他役に立つ情報を掲載しています。

Marketing Oops!:このタイのウェブサイトはデジタルマーケティング部門にサービスを提供しており、特別な仕事掲示板があります。

タイNGO:タイの開発事業に関わっている外国人は数多くおり、このサイトはそのような仕事を抱括的に掲載しています。しかし、仕事はローカルと外国人向けであるにも関わらず、サイトはタイ語です。

Foreign Correspondents’ Club of Thailand:出版関係の雇用機会を探す事ができます。メンバー登録すれば、週間アップデートや、主にミドルからハイマネージメントレベルの求人情報を得ることができます。

仕事のウェブサイトの他に、イベントやMeetupもネットワークに有効です。タイはあらゆる国との共同商工会が世界中にあり、定期的に会合やイベントがあります。メンバーになることで、重要イベントに割引価格で参加することもできます。欧州の商工会もあり、タイの色々な町でイベントを開催しています。

ジョブフェアはネットワークを作り上げるもう1つの方法です。例えば、インターナショナルスクールでの教職の仕事が見つかる教育フェアなどがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です